純正のインクカートリッジは印刷物を最高度の美しさで仕上げます

純正のインクカートリッジは印刷物を最高度の美しさで仕上げます

友人がインクカートリッジに使用するインクには純正インクと非純正インクがあると教えてくれました。

「ちょって待ってくれよ。

両者の違いがイマイチよく分からないんだけど」首を傾げる私に友人は「簡単なことだよ。

非純正インクは要するに詰め替え用インクだと思えばイイのさ」と話します。

その単語なら機械に詳しくない私も知っていて理解出来ます。

「それなら最初からそう言ってくれれば良いのに」私は思わず友人に文句を付けてしまいました。

「今回印刷が上手くいかなかったのは私が詰め替え用インクを使用していたせいなんだね」私が文字や色がかすれた印刷書類を手に取って呟くと、友人は「インク自体が原因ではなくて君の詰め替えの際の手際が悪かったことがトラブルの要因になったと思うよ」と指摘しました。

「薄々そうじゃないかと思っていたんだ」私は肩を落としてしまいます。

私は生来の不器用でインク詰め替えの際も少なからず手を汚してしまったのです。

「やっぱり純正のインクカートリッジを使えば良かったかな」私がそう呟くと「まぁ、そのほうが安心ではあるね」と友人は同意しました。

友人は不器用な私には純正インクを使用したインクカートリッジのほうが安心だと勧めます。

「それに純正のインクカートリッジを用いた印刷物は本当に色鮮やかで美しいんだ。

しかもいつまでも色褪せないから記念写真なんかの印刷には最適だよ」「それはやっぱりメーカー品だからかな?」私がそう尋ねると友人が頷きます。

「純正のインクカートリッジはそれぞれのプリンターメーカーが独自に開発した商品なんだ。

製品のパッケージを確認したらちゃんとメーカーのロゴマークが記載されているのが分かるはずだよ。

各メーカーが製造したプリンターの特徴に合わせてその性能を最大限に引き出すことが出来るようにそれぞれのインクの持つ特性を決定しているから、印刷物が最高度の仕上がりになるんだ。

それに何よりメーカーの保証がキチンと付いているのが安心だよね」友人の説明を聞きながら「でも純正のインクカートリッジは値段が高いのが難点だよね」と私は不満を漏らしてしまいます。

「それは仕方ないよ。

各プリンターメーカーはプリンター本体を安くで販売する代わりに純正インクや写真の用紙で利益を得るようにしているからね」友人の話を聞きそれなら高価な値段も仕方ないと私は思いました。